2010年02月06日

トヨタの信頼回復を支援=岡田外相(時事通信)

 岡田克也外相は5日夜の記者会見で、トヨタ自動車による米国での大規模リコール(回収・無償修理)について「外交的にも日本の自動車業界、製品に対する信頼感の問題だからしっかりバックアップしていきたい」と述べた。
 外相は「日米の経済関係がセンシティブな時期でもあり心配している」と懸念を示すとともに、「トヨタ車に対する信頼が今後とも維持されるよう努力してほしい」と同社に迅速な対応を求めた。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜小沢氏を不起訴〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘〜経産省と組んだ菅副総理〜
難問山積 問われる首相の決断力〜普天間、小沢氏団体問題にどう対応?〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機

レセプトオンライン化訴訟、終息へ―神奈川原告団(医療介護CBニュース)
<通天閣>恒例の「福豆まき」…ゲストに橋下知事(毎日新聞)
<障害者基本法>抜本改正で推進会議一致 差別禁止法制定も(毎日新聞)
<交通事故>「嵐」の松本潤さん追突、けがなし…東京・目黒(毎日新聞)
「12人大家族」自宅全焼も父強し!翌朝も新聞配達(スポーツ報知)
posted by ナガクラ コウイチ at 19:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小沢氏起訴なら議員辞職勧告決議案提出も 自民、大島氏(産経新聞)

 自民党の大島理森幹事長は2日の記者会見で、民主党の小沢一郎幹事長が資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる政治資金規正法違反事件で起訴された場合、小沢氏の議員辞職勧告決議案を提出する可能性を明らかにした。

 大島氏は「まだそうした事態になることを予測して、ものをいうのは慎重でありたい」としながらも「わが党には議員が逮捕、起訴された段階で党員資格停止や除名処分を定めた規約がある」と強調。「政治不信を招いた道義的責任があり、民主党も道義感、倫理観が問われることになる」と述べた。

 また、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題に関し、岡田克也外相が「移転先が決まらなければ、普天間の継続使用もあり得る」と発言したことについて「県民を迷わせる言葉以外何物でもない。政治家として稚拙だ」と批判した。

【関連記事】
小沢氏再聴取 議員辞職が責任の取り方
普天間移設 首相「5月までに結論」 小沢氏事件で謝罪も
小沢氏本人の立件の可否、近く判断へ
不安か自信か…小沢氏「進退」言及のワケ
小沢氏、刑事責任なら「非常に責任は重い」

通天閣 恒例の「福豆まき」…ゲストに橋下知事(毎日新聞)
朝青龍の聴取検討=経緯確認のため双方から−飲酒暴行問題で警視庁(時事通信)
<小沢一郎氏>幹事長続投を表明 (毎日新聞)
加藤被告の“償い”は「理由」を話すこと…アキバ無差別殺傷事件初公判(スポーツ報知)
ハイチ支援の教訓生かす=医療チームが帰国報告−岡田外相(時事通信)
posted by ナガクラ コウイチ at 10:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。