2010年01月28日

年金運用の見直し必要=原口総務相(時事通信)

 原口一博総務相は26日の閣議後記者会見で、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が国債を中心に運用している公的年金の積立金について、「一つの機関が一元的に運用していいのか。全額国債で(運用を)やるのであれば、国債のリスクヘッジはできないから、国債が暴落したときに年金も暴落する」と指摘し、運用機関や運用先の見直しが必要との認識を示した。 

【関連ニュース】
陸山会事件、党は調査せず=不動産所有「倫理の問題」
鳩山元総務相に説明求める=母親からの資金提供
党再生へ波なお高し=攻勢自民、内情は「敵失」頼み
鳩山邦夫氏、党政倫審で聴取へ=自民
放送内容に介入しない=「関係者」発言で釈明

早朝に民家火災、住人1人が死亡…大阪市(読売新聞)
2次補正を可決=衆院予算委(時事通信)
橋下知事、帰国第一声は「大阪“市”を解体」(産経新聞)
小沢氏続投に言及せず=地検聴取後対応で−鳩山首相(時事通信)
死因究明研究会、29日から=制度のあり方を議論−警察庁(時事通信)
posted by ナガクラ コウイチ at 21:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。