2010年01月30日

「現行案がベスト」普天間移設で駐日米大使(産経新聞)

 ルース駐日米大使は28日、都内で自民党の額賀福志郎元財務相と会談し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について「米国は今でも(キャンプ・シュワブ沿岸部への)現行案をベストだと思っている」と述べた。ただルース氏は「鳩山政権が5月までに結論を出すといっている。どういう対応をするか見守っていきたい」とも述べた。額賀氏が額賀派の会合で明らかにした。

【関連記事】
平野長官が普天間問題で強気発言 首相のフリーハンド狙うも神経逆なで、収拾付かず
小沢氏「私の立場で対応」 名護新市長と会談、現行案見直し要請受け
民主への配慮? 公明・山口氏の「迫力不足」
普天間問題 政府・与党が再び迷走 官房長官発言で右往左往
鳩山首相、新名護市長「お会いできるときにお会いしたい」

首相、外国人参政権「簡単ではない」(産経新聞)
温室ガス 政府、「条件付き25%削減」を確認(産経新聞)
ブランド店で900万円相当盗難=男3人、ガラス割り侵入−大阪(時事通信)
処方薬、検出成分と一致=走行記録、販売日誌も分析−状況証拠重ね立件・鳥取県警(時事通信)
第2次補正予算案、午後に衆院通過へ 集中審議めぐり与野党対立(産経新聞)
posted by ナガクラ コウイチ at 22:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。