2010年04月16日

<公訴時効見直し>参院法務委で改正案可決 連休明け成立へ(毎日新聞)

 参院法務委員会は13日、殺人など凶悪重大事件の公訴時効を見直す刑事訴訟法改正案を可決した。参院先議のため14日の本会議で可決後、衆院に送られ、早ければ大型連休明けにも成立する。

 見直し対象は、人を死亡させた犯罪。殺人など法定上限が死刑の罪は廃止。傷害致死や危険運転致死、自動車運転過失致死など、その他の罪は現行期間の倍に延長する。過去に発生した事件も、改正法施行までに時効が完成していなければ適用される。

 公訴時効は05年の改正で、殺人罪について15年から25年に延長するなどの見直しが行われており、制度改正は5年ぶり。一部の罪の公訴時効が廃止されるのは、治罪法制定(1880年)以来初めて。【石川淳一】

【関連ニュース】
公訴時効見直し:刑訴法改正案が参院法務委で審議入り
長官狙撃事件:時効で容疑者不詳のまま不起訴 東京地検
警察庁長官狙撃:延べ48万人動員実らず…時効成立
警察庁長官狙撃:時効成立 国松氏「捜査、不合格だった」
時効見直し:刑訴法改正案を閣議決定 殺人などで時効廃止

米露新条約に「歓迎」「期待」…広島・長崎(読売新聞)
比例当選で新党、批判は承知=「たちあがれ日本」の与謝野氏(時事通信)
<馬淵副国交相>整備区間建設中止も…高速道に新たな枠組み(毎日新聞)
決意語り、やゆにも反論=旗揚げ会見で平沼、与謝野氏ら(時事通信)
<首相・閣僚会見>(2)ネットメディアの有力コンテンツに(毎日新聞)
posted by ナガクラ コウイチ at 16:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。